水文・水資源学会 2018 三重大会 本文へジャンプ
2018年度総会・研究発表会・創立30周年記念学術シンポジウム
三重大会のご案内
2018年度三重大会 発表要領

研究発表要領

  1. 資格:登録した著者の内,発表者(登壇者・ポスター説明者)は水文・水資源学会の会員に限ります.また,発表は1人1題に限ります.

  2. 発表形式:口頭発表,ポスター発表の2種類とします.なお,口頭発表は,まとまった内容の研究発表であることを前提とします.また,プログラム編成の都合で発表形式の変更をお願いすることがあります.その場合,振り分けは実行委員会にご一任ください.

  3. 口頭発表時間:1題15分程度(質疑応答を含む).パソコン用プロジェクタを用意いたします.近年,USBメモリを通じてウイルス感染が広がるケースも多いため,参加者自身がパソコンに接続してください.OHPでの発表には対応できません.
    ※ 会場のスクリーンの縦横比は「標準(4:3)」です.

  4. ポスターセッションの時間:90分程度を確保する予定です.優秀な発表に対しては,例年同様ポスター賞を検討しております.ポスター掲示板のサイズは幅90cm×高さ160cmの予定です.